FC2ブログ

**My power’s**

息子二人の存在、愛猫の温もりが私のパワーになります。

怖いけど大事なこと

Posted by 美緒 on   0 

5月は いい天気でのスタート

明日から崩れるようなので
モモを連れて 動物病院へ

キャリーケースに敏感なモモは
目の前に出ているケースを見て そわそわ

嫌な予感を感じてる様子で
2階に行ったっきり下りてきません


大好きなビニール紐を引っ張る しゅるしゅる って音にも
身をひそめて出てきません


動物の勘って鋭いですね


なんとか捕まえ 爪で引っ掛けられながらキャリーへ

20180501 (3)

鳴きながら震えています

可愛そうだけれど 大事なことだからね


自転車の前カゴに積んで いざ病院へ
疲れるでしょうに・・・

道中 鳴きっぱなし


すでに2匹の患者さんが待っています

モモは3番目・・・

診察の順番を待っていると 入って来たひとりの中年女性


あらら・・・私の母親ではないですか

愛犬が調子悪いとか



昨日 両親は愛犬を連れて公園に行ったそうなんだけど
その後からいつもはうるさい犬が吠えないし 
抱くと「キャン!」って鳴くし

1番心配なのは いつも父の膝から離れない犬が
膝にも乗らず しっぽも後ろ足の間に入れたまま


おかしいと思って連れて来たようです


診察の結果は 関節が外れやすい犬のようで
外れて痛がっていたようです

自力で関節がくっつく???
そんなようなことを言われたらしく
今はくっ付いているので 痛み止めだけもらったようです


自力で関節がくっつくことなんてあるのか不思議ですが
ひとまず安心です



モモと言えば 去年より0.1㎏増え 3.7㎏になっていました
痩せるよりはいいね・・・と言われて来たけれど
何年か前は3.5㎏

これ以上 増やさないようにしないとね

熱も38.8度
人間にしたら高熱ですが 体温もちょうどいいとの事でした


3種混合ワクチンと肛門腺処置
そしてシニア血液検査に
心疾患検査

去年は心疾患検査ではなく レントゲン検査をしましたが
高齢猫に多い心筋症の検査は 
レントゲンや普通の血液検査では困難なので

循環血中の心臓バイオマーカー?
(心疾患の際に 心臓から分泌される量が増加する物質)
を測定することによって 早期治療ができるんだって

別途6,000円以上かかると言われたけれど
疾患が相当進行するまで 無症状ってことが多いようなので
検査をお願いしました

なんでもなければ 安心だもんね


前首(喉仏のあたり?)から血を抜かれ
お尻を絞られ 注射器でワクチンを入れられ
普段聞かないような声をあげ 鳴いていました

帰りの自転車でも鳴きっぱなし


疲れたんでしょう


家帰ってきたら ぐったりでした

20180501 (1)
お疲れ様


去年 突然健康診断に行って
「絶食されてますか?」

と聞かれてたのを忘れて
今日も食事して行っちゃった・・・

獣医さんの判断で検査してきましたが
正しい数値を出すには 12時間の絶食が必要なんだって


来年は忘れずに絶食しなくちゃね





診察料 515円
3種混合ワクチン 3,600円
肛門腺処置 1,029円
シニア血液検査19項目他 10,737円
(春と秋以外はもう少し高額)
心疾患検査 6,172円

合計22,053円


モモの健康を守るため・・・痛い出費ではありましたが
必要経費



結果は1週間後

どうか病気が見つかりませんように・・・


スポンサーサイト

美緒

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。