23 2014

ありがとう、さくら

さくらに会いに行ってきました。

硬く冷たくなっていたさくら。

何度も何度も撫でて、ありがとう、大好きだよと伝えてきました。

ごめんね・・・って何度も何度も言いました。

痛い思いさせてごめんね。

命を全うさせてあげられなくてごめんね。



さくらが最後に着けていたピンクの首輪に
父の手紙が挟まれていました。


さくらが天国への道に迷わぬよう、
迷ったらちゃんと連れて行ってねとライにお願いしてました。

最後に「ごめんね」と。


もう父に対して憎い気持ちはありません。

まだ父の顔も母の顔も見ていません。

顔を見るのも辛いけど、明日、さくらの形が骨になってしまう前に
手を合わせてこようと思います。

父の心が心配です。



実家のアルバムにはあまりにも少ないさくらの写真。

私が携帯で撮った写真全部、CDにして持って行こうと思います。


page1.jpg


家に帰って来てカバンをあけたら
さくらの真っ白い長い毛が1本、入っていました。

どっからくっついてきたんだろうね。


さくらを忘れないで・・・って意味なのかな?



泣いても泣いても・・・


泣いても泣いても泣いても・・・


止まらないね、涙。



ブログに吐き出していると、その時だけは落ち着くような気がします。

泣きながら書いていてもね。


スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/24 (Sat) 01:57 | EDIT | REPLY |   

美緒  

Cちゃん
ありがとう。
ほんとあっという間に骨になっちゃいました。
なんだかサクラの居ないことが信じられなくて
寂しすぎて。

Tちゃんに会えてるかな?
父に似て方向音痴だから道に迷ったりしてないかな?

それともまだ・・・自分が死んだこと気づかずに
お父さんが「散歩行くぞ」って言ってくれるの待ってるかも。

Cちゃん、いろいろありがとうね^^

2014/05/24 (Sat) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment