24 2014

祝16歳

今日は二男の16歳の誕生日です。

とは言っても、長男の大学受験や
おばあちゃんの検査入院、
モモの火傷となんだか落ち着かない日々。

結局、いつもと変わらない夕食になっちゃった。


二男も今日は課外授業がお昼までで
その後、部活がないから遊んでくるって言っていたし、
もしかして彼女とデートかな?って思っていたのに・・・

仕事から帰ると・・・いましたw


あれ?彼女とは別れたのかしら?

遊ぶって言ってた友達が休んだから、今日は中止になったとか。
まさかそんなに早く帰ってくると思わないから
お昼も用意してなかったの。

なに食べたの?って聞いたら、カップカーメンとかw

なんとも寂しいお誕生日になりました。

ごめんね^^


センター試験まで3週間ちょっととなった長男。

第一志望としていた地元国公立大学は、難しいと思ってきたようで、
隣の県の国立大を受験しようかなと言いだしてきたのは、たびたび書いてるけど。

オープンキャンパスも行ってないのに、なんでその大学なの?

そう聞いてみるけど、それは建前で、


本音は・・・

「離れて行くのが寂しい」なんです。


子供が目指そうとしてる思いを、遠回しに反対してしまう。

「じゃあ、いいよ・・・面倒だから市内の私立校で」


そう言われてしまえば、なんだかそれでいいのかと思ったり。

離れて行ってしまうのが寂しい気持ちと、
諦めるって言わせた罪悪感で、私の心はモヤモヤ。

早かれ遅かれ、ここを出て行ってしまうのだから
春から家をでることになっても、仕方ないのよね・・・


分かってはいるんだけど、まだ家にいて・・・
って気持ちが大きい。

でも、私が反対したから受験しなかったって言われるのも辛い。

何とも言えない、私のモヤモヤ。


まあ、合格してから悩めってことよねw

県外の国立大学を受験し、落ちて市内の私立校に入ることになったならば
諦めもつくだろうけど、

県外の国立大学を受験もせず、市内の私立校に通ったら
後悔の気持ちが一生続くよね。


「その大学、受けてみようか。本当は居なくなるのが寂しいんだけどね」

って言うことができました。

その「寂しい」って言った瞬間、ちょっとウルッってしたので、
そそくさと、長男の顔も見ず、長男の部屋からでてきちゃった(^_^;)


挑戦したい気持ちを、私の「寂しい」で反対してはいけないよね。


ここは長男の気持ちを応援しなくちゃね。


でも、やっぱり寂しいな。




にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


育児・高校生 ブログランキングへ

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment